• An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
2009年 2月 20日(金曜日) 09:00

花粉、飛んでも怖くない

すでに杉花粉がいっぱい飛んでいるようです。すっかりこのシーズン有名になった「ユーカリ」に「エキナセア」。「ユーカリ」は鼻が通ると、...
すでに杉花粉がいっぱい飛んでいるようです。
すっかりこのシーズン有名になった「ユーカリ」に「エキナセア」。

「ユーカリ」は鼻が通ると、この時期、やはり一押しの精油ですが、
粘膜が炎症してだるさがでていたりしたら、
ラベンダーやカモミールがおすすめです。
ユーカリとこのふたつをブレンドしてもいいですね。

「エキナセア」は免疫力をアップすることで知られていますが、
お鼻がずるずるしている方は「エルダーフラワー」があすすめです。
粘膜を乾かしてくれます。
やはり、ジャーマンカモミールとブレンドすると、
抗炎症作用も働いていいですね。相性抜群です。

090220_1343~01.jpg












そして、ハーブティで一押しなのは「ネトル」です。
「のりのような味」には好き好きがありますが、
血をきれいにしてくれて、抗ヒスタミン作用があります。
毎日2~3杯飲んでみると、良さがわかります。

そのほか、アレルギー体質によいといわれている「レモンバーム」や
ビタミンCたっぷりの「ローズヒップ」もいいですね。

そして、マシュマローの「天使の羽」シリーズがおすすめです。
images/stories/log/eid210.html

整体では、花粉症の人は、
冬の体から春の体への変化がスムーズにいかないと言います。
春にむかって、冬の閉じた体はゆるんでいくはず。
それなのに、頭蓋骨や肩甲骨が、春に向かって上手くゆるまない。
それで、体はくしゃみや鼻水をだすことで、
ムリにゆるめようとするのです。

季節にあわせられる「自然」な体作りが大切のようです。

花粉症の症状がひどい方は、
肩甲骨、頭蓋骨が必ずカチカチに固まっています。
春らしい体に向かうお手伝いをいたします。
最終更新日: 2010年 11月 23日(火曜日) 02:34
このカテゴリの他アイテム: « 貧乏症 白のリース »

コメントする

(*) は必須項目です。

マシュマローの日記