• An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
  • An Image Slideshow
2013年 1月 17日(木曜日) 17:16

猫を保護しました

突然ですが、猫を保護しました。

大雪の降る2~3日前のことです。

1年以上前から知っていたし、

ずっと気になっていました。

今のマンションに引っ越ししてきて、

自転車通勤の通り道に古い民家があるのですが、

その家の塀の前で、

いつも餌やりさんのくるのを並んで待っていました。

 

私が今、住んでいるマンションはペット禁止だし、

19歳の猫を4年ほど前に看取ってからは、

もう忙しくて猫はかまってあげられないから、

飼わないと決めていました。

 

なので、餌をあげたこともないし、

おはよーって声をかける程度。

気になるけど、気にしないようにしてました。

 

ところが、数日前から、

その古い民家を取り壊し始めたのです。

トラクターが入っても、

瓦礫の上から動こうとしない猫を見てしまって、

私はどうにも辛くなってしまいました。

何もできないからと、家の前を通ることを避けて、

それでも、

あの仔達のことが一日中、頭から離れませんでした。

 

そんな自分が本当に嫌になり、

ある朝、夫を連れて、現場の確認に行きました。

状況は変わっていない。

民家の横のアパートに置いてあったバイクの隅に、

猫は小さくなって座っていました。

 

たまらなくなった私は、

地域の猫ボランティアさんに連絡をとりました。

「ねこけん」さんは

http://www.ne.jp/asahi/shakaineko/nekoken/

テキパキとした電話の対応で、

すぐに行動を起こしてくれました。

 

その日の夜、現場で待合せして、

猫たちのようすを見ていただくと、

2匹とも、ひどい風邪をひいていることがわかりました。

これはすぐに保護したほうがいい、ということになり、

あっという間に2匹の捕獲をしてくれました。

私は、あまりにも素早くなれたそのお仕事ぶりを、

あっけにとられて眺めていただけ。。。。。。

 

ゲージやフード、猫トイレなど、

とりあえず必要なものも全て用意していただき、

次の日には、獣医さんにも連れて行っていただきました。

さらに後日、ねこけんさんが、

この仔たちの餌やりをしていた人を見つけてくれて、

この仔たちのことが少しわかってきました。

 

やはり、古いその民家に飼われていたらしく、

そこにいたご老人が面倒をみていたようです。

そのご老人がお亡くなりになったのか・・・

いつの日かいなくなり、

その後は餌やりさんのごはんで命をつないできたらしい。

風邪はだいぶ前からひいていたらしい。

推定8歳。

野良の状態だと5~6年で死んでしまうらしいので、

この仔たちはこの風邪でよく生きていたと、

ねこけんさんはおっしゃっていました。

 

それにしても、あの大雪の前でよかった~。

 

野良猫って、野生動物と違うんですよね。

猫の正式名は「イエネコ」。

山猫とちがって、人間が家畜化して進化した猫。

だから、人間のそばでないと生きていけないんです。

野良猫っていうことは、

誰かが無責任に捨てたか、

その捨てられた仔の子供か、

あるいは自分で外に出てはぐれたか・・・。

 

逆に野生動物は自由にしてあげないといけない。

動物園や水族館にいるのは野生動物。

 

話はそれますが、この辺のこと、

皆さんよくごちゃごちゃになっています。

 

私はたまたま、

まわりにそうした意識をもつ友人たちがいたから。

でも、フツウにはなかなか整理して

考えられないことだと思います。

 

で、猫ですが、

賛否両論もありますが、

今は完全室内飼いで、

去勢・避妊手術をしてあげることがよい

とされています。

 

私は家では飼えないので、

とりあえず、お店の2階で保護しています。

将来のことはわかりません。

ペット可の家を探すかもしれないし、

そのままお店の2階で、

みんなにかわいがってもらうかもしれません。

 

でも、ねこけんさんに里親に出すという手もあります。

って言われました。

私のように自分には飼えないけど、

猫を保護したいと思ったら、

そんなボランティアさんの力を借りてみてください。

里親を探すまでいかなくても、

避妊去勢手術をして、リリースして、

地域猫をしてあたたかく見守る・・・

という方法もあります。

 

今回のことで、私、学びました。

悩んでいるなら、まず行動してしまうほうがいい。

自分ひとりでは無理でも、

誰か必ず助けてくれる人はいる。

素晴らしい人を神様が呼んでくれる。

だから、ひとりで抱えない。

自分のこと好きだといえる道を選ぶ。

まぁ、きっとなんとかなる・・・(^^)v

 

猫たちは、今朝、初めて甘え鳴きをしてくれました。

両方男の子なのに、ものすごくかわいい声。。。

 

宝物ができてしまったので、

ますますマシュマロー

がんばります!

最終更新日: 2014年 3月 15日(土曜日) 17:53

3 コメント

  • コメントリンク 2017年 12月 27日(水曜日) 11:42 投稿者: Darrel

    Dο you have a spam issue on tһіs site; I alѕo am a blogger, and
    I ᴡas curious aЬout your situation; we have developed sоme nice procedures аnd ᴡe aгe looking
    to swaap solutions with othеrs, why not shoot
    mе an email іf interеsted.

  • コメントリンク 2017年 12月 22日(金曜日) 05:07 投稿者: Elias

    Heya! I understand tһis is sort ᧐f ᧐ff-topic but Ӏ
    needeɗ tߋ ask. Dooes running ɑ wеll-established blogg liike yourѕ
    tаke a massive amоunt work? I'm completeⅼy neww tօ operating a blog
    һowever I do wrіte in my diary every daү.
    Ӏ'd liike tⲟ start a blog ѕo I can easily shar myy ߋwn experience and views online.
    Ρlease ⅼet me know iff үou hаve ɑny kind of ideas or
    tips for new aspiring bloggers. Thankyou!

  • コメントリンク 2017年 10月 30日(月曜日) 05:26 投稿者: Tarah

    It's enhormous tһat you ɑгe getting ideas
    from this paragraph as weⅼl аs from ouг dialogue mаde aat this pⅼace.

コメントする

(*) は必須項目です。

マシュマローの日記